レディ

早く回復させたいなら筋肉痛を早く治す方法を知っておこう

冷えの解消

マグカップを持つ女性

筋肉をつける

末端の冷えによって、しもやけ・頭痛・下腹部痛・腰痛・下痢・月経痛などを引き起こしやすく、10代から温活は意識したい内容です。温活のイメージは温かい飲み物や入浴などが定着しています。ですが、体力、筋肉量の少なさによっても諸症を引き起こしていることは意外と知られていない内容です。筋肉量によって基礎代謝は上下し、冷えは筋肉の硬直にも繋がり、効率アップには脚へのアプローチが適しています。太ももは筋肉量も非常に多いパーツで、踏み台昇降やランニングなどが最適です。筋肉へのアプローチで免疫力も向上でき、冬時期のウイルス抵抗に強くなります。もちろん、年代や性別問わず温活を意識するだけで、体力向上による健康美はキープできます。また、冬のカサカサした肌荒れ、冷えによる睡眠の質まで改善できるのもメリットです。

ぶり返しに着目

冷え性が引き起こす症状には女性生殖器の低下もあるため、健康改善となる温活がカギとなります。温活アイテムとして、末端冷えする女性の多くが靴下や機能性インナーなどを着用しています。気をつけたいのは、浮腫みやぶり返す冷えです。風邪をひきやすい・膝が痛む・トイレトラブル・血圧などに直結しやすく、対策を講じることが得策です。締め付けないことがポイントで、冷えも浮腫みも血行不良が原因です。またボディラインを気にする女性は、冬でも薄着で過ごすケースも増加し、体を動かして汗を出し、発熱させる素材による保温インナーが利用されています。機能的に優れているものの、乾くのが遅く、汗冷えによる体温低下が懸念されます。汗をかきにくい女性は多く、機能性も十分に発揮されないケースもあり、皮膚直下に速乾素材を用いることが対策の1つです。女性の温活では温度差に影響を与えない工夫、普段から熱を逃がさない服装を心掛けることからはじめるべきです。特に血液が集まるお腹、大きな血管が通る首を温め、外側からだけより、温め食材を食事に取り入れ、内側から温まることも大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加